トリプルポジティブ乳がんが完全奏効するまで続けた7つのこと

EC療法で完全消滅した乳がんの記録

続けた7つのこと

2015/4/12

乳がんには太らない努力を!だけど運動も一歩間違うと悪影響に

「生活の中で適度な運動を取り入れることが健康への第一歩!」っていうのは、どこでも言われてること。 乳がん治療中、主治医からも「体重はあまり増やさないようにね」と言われていました。 太れば太るほど乳がんになりやすい(再発しやすい)体になるみたいなので気をつけないといけません。 でもね、、私はもともと運動が大嫌い(笑) 気管支が弱く軽い喘息も持っているのでランニングとか長時間動くことが苦手なのです。。ゼーハーゼーハーナル(´Д`|||) しかし、多くの疫学的研究で運動不足が乳がんや大腸がんの発生率を高める ...

ReadMore

続けた7つのこと

2015/4/8

不規則な生活やストレスを抱えることは癌細胞を元気にしてしまう原因に!

ストレスが乳がんに関してどれくらい関係しているのか、私なりに調べましたが確固たる情報は見つけられませんでした。 ただ、乳がんはエストロゲン(女性ホルモンの一つ)の過剰な分泌が関係しているらしく、このエストロゲンの分泌を即している一つにストレスがあります。 乳がんの原因としてはストレスとコレステロール(脂質の一種)の過剰摂取といわれています。 ストレスを感じるとホルモンバランスが崩れてしまうので、こういったところからストレスと乳がんが結びついていると考えられているようです。 不規則な生活していませんか?知ら ...

ReadMore

続けた7つのこと

2015/4/8

ゲルソン療法のにんじんジュースが癌に効くって本当?

乳がんになって、どうしようとオロオロしていたとき、まず目に飛び込んできたのが「にんじんジュース」のこと。 そして「ゲルソン療法」のこと。そして思った疑問の数々、、、   どうしてにんじんジュースなのか? ゲルソン療法とはなんなのか? なんで低速ジューサーがいいのか? にんじんをジュースに?まずいんじゃないの?   そんな疑問を払拭するべく調べまくった結果、私はヒューロムの低速ジューサーを購入し、今ではにんじんジュースを二日に一回の割合で飲んでいます。   毎日飲めるときは飲ん ...

ReadMore

続けた7つのこと

2015/4/8

ガンが嫌う要素の一つ、低体温を撃退して活性化を防ぐ!

自分の平均的な体温が何度くらいか把握してますか? 私はというと・・・熱っぽくなった時だけしか計ったことなかったです(ーー;) 乳がんになって低体温がどれだけ危険なのか知り、自分の基礎体温を確認しました。 うん、まぁ大体36~37をいったりきたりってところでした。   理想の体温は36度5分以上! さて、なぜ私が低体温がダメだと思ったかというと、もちろん乳がんというものを調べていくうちに色々な情報を目にしてしまったからです。 日常的な体温が35度台の人は、がん細胞が最も増殖しやすく代謝が落ちるため ...

ReadMore

続けた7つのこと

2015/4/4

乳がんになって見直した睡眠時間と質

睡眠が健康はもちろん美容にも深く関係していることは承知しておりました。 睡眠のとり過ぎ、睡眠不足、どちらも体には悪影響を及ぼす模様。。 睡眠時間が短いと乳がんになりやすい?! 夜間に光の下で起きているとメラトニンというホルモンの分泌が抑制されるようなのですが、このメラトニンは女性ホルモンであるエストロゲンにも作用するので乳がんのリスクが上昇すると言われているのです。 他にも 夜間に白熱電球の光を39分間浴びるとメラトニン生産量が半分に減る 平均睡眠時間が6時間以下だと乳がんのリスクが1.62倍高まる など ...

ReadMore

続けた7つのこと

2015/4/4

乳がんに打ち勝つ!私が行った食事療法

「乳がんです」と言われたら、やっぱり気になる食べ物。 きっと皆さんたくさん調べられたんじゃないかと思います。 そして調べれば調べるほど、「食べてはいけないものリスト」と「食べると良いものリスト」が増え、溜息が出てくるんじゃないでしょうか・・・ 情報は溢れかえっているけれど、私が私なりに出した答えの末、信じて食べ続けたものをご紹介します。   嫌になるまで食べ続けたもの 実際、私がもらったメールで一番多かった質問がこれです。   食事はどういったものを食べていましたか?   そ ...

ReadMore

続けた7つのこと

2015/4/1

乳がんになったら禁煙しなきゃダメですか?!

乳がん告知を受ける前の私はかなりのヘビースモーカーでした。 一日に1箱・・・1箱半いくときも・・・ もちろん、調べましたとも!乳がんとの関連性。 「全く関係ありません!」の文字が見たくてね・・・! そうして調べた結果、、そして私の選択は・・・   喫煙と乳がんの発生率は? 私が調べた結果だと、閉経前で喫煙していると乳がんになりやすく、閉経後の場合は影響なしということ。 私は閉経前だったので影響が出るということになりました、、はい。。。   これもね、まぁ、タバコには発がん性物質が含まれ ...

ReadMore

治療と副作用

タキソール+ハーセプチン療法中のマーカー上昇

投稿日:2015年5月28日 更新日:

EC療法が終了したあとに行われたのが、タキソール+ハーセプチン療法。

投与の間隔は1週間に1度で、時間はだいたい3~4時間かかりました。

副作用が強く出れば入院という形でも可能でしたが、私は無事外来で終了することができました。

EC療法に比べたら副作用はかなり楽です!

辛かったのは、約4時間の待ち時間・・・!

 

私の場合は「針が刺さってる手を動かしたくない」ことから、最初はカッチーン!とほぼ固まって寝てるだけの状態でしたが、回数を重ねるごとに慣れてきてブログ書いたり、小説読んだり・・・かなり”慣れたもん”になってました。

 

タキソール+ハーセプチン療法の治療の目的と流れ

タキソール+ハーセプチン療法の治療の目的ですが、私の場合はEC療法でほぼ消失に近い状態だった為、ハーセプチン+タキソール療法を毎週1回×12を行って完全消失を目指すものでした。

効果については、元の病期や進行具合、今までに受けた治療の種類・量などに差はありますが、約62~83%の人に効果が見られているようです。

 

  • 基本的にはEC療法と同じ流れで、点滴の針は手の甲に刺されました。
  • 先に吐き気止めの薬2種類を15分ずつ点滴してからの、タキソール⇒ハーセプチンの順番でした。

 

以下に当時の日記を元に、12回の内容を簡単に書いておきます。

 

1回目 - 問題なし

「一週間に一回の抗がん剤投与なんて絶対ムリーーーー!!」と凹みに凹みまくってる中、始まった1回目。。。

4時間の針刺し地獄・・・それを週一回やらなきゃいけないと思うと、泣けてくる・・・

 

主治医からは「ここからが正念場だよ~!週に一回だからちょっときついかもしれないけど、がんばって!この間隔のほうがよく効くから!」と言われてました。

 

ECと比べ点滴につながれている時間が長いので、あまり手を動かさずにどうやってこの4時間を過ごそうかと考えてましたね。(^^;)

眠くなるお薬も入っているので寝てしまう人がほとんどらしいですが、私は寝れない!

寝たら手を変に動かして針がぐにゃ!とかなったら嫌だ!とか思ったら絶対寝れない!

絶対固定!と思ってたけど、4時間だとそんなわけいもいかず、すぐに慣れてきて調子乗ってスマホいじったりブログ書いたりしてました(;´∀`)

 

副作用として痺れや筋肉痛・発熱などが書いてあったけど、そういったことも全くなかった。

血管痛も全くなかった。

 

1回目のメモ

  • この日の採血で腫瘍マーカーが上昇していた。
    主治医は「ちょっと気になるけど、まあそんなに気にすることもないけどね」ということで、腫瘍マーカーは体調や喫煙とかでも変わるらしい。
  • 数日前から目の不調を感じていた。
    物がダブって見える→自分で調べた結果、脳の癌の症状としてそういうことがあるらしいと知る→脳みそいっちゃったかも( _o_)と思って主治医に相談。
  • ↑の相談の結果、来月中に脳のMRIもすると言われる。ハーセプチンが効くタイプのガンは、脳に飛び火する可能性が高いらしく、元々するつもりだったみたい。
  • CTやMRIで見つからなくても、PETしてみたらガン見つかったなんて事例もあるらしく、この頃は私は不安すぎて半分死んでた。(気持ち的に)

 

2回目 - 点滴中に吐き気

1回目と同じように、2種類の吐き気止め点滴を15分から始まる。

そしてタキソールを1時間。

タキソールは眠くなる作用があるので結構うつらうつらとしてました。

 

タキソールが半分くらい入ったところでトイレに行こうと思い体を起こしたあたりから、なんとなく気持ち悪さが・・・。

針が刺さっているところもなんだか痛いような・・・?

 

看護師さんが来て「気持ち悪い?」と聞かれ、「キモチワルイカモ・・・」と答えるやいなや、急激に気分悪くなりそのままベッドの上でへたりこむ。

冷や汗が全身がから噴出し、はあはあと肩で息するような感じ。

気持ち悪すぎる・・・どうしよう・・・・ああああああああああってなった。

 

看護師さんが先生を呼び、とりあえず刺さっていた針を抜く。

15分くらいゼーハーしたあと、やっと汗も引いて気分も落ち着いてくる。

トイレに行きたかったことを思い出し、立ち上がった瞬間やっぱり気持ち悪くてトイレで吐く。

点滴前に食べたオニギリが全部出た・・・(点滴前に食うなよ(´-∀-`;))

 

吐いたら少しスッキリして、ボーーーっとしてたら主治医が到着して、「あと少しだからがんばって!」と励まされ、逆の手に再び針を刺して再開。

その後は何事もなく点滴を終えることが出来ました。

 

340o0400

1回目~2回目の間くらいから、手の指先がほんの少しピリピリと痺れたような感覚が出てきました。

生活に支障はない程度だけど、主治医に言ったら「リリカカプセル」という薬を出してくれました。

朝夕飲むんだけど、結構眠気が襲ってくるお薬だったのを覚えてます。

 

2回目のメモ

  • タキソールにはアルコールが含まれているので、私のようにアルコールアレルギーの人は注意が必要かもしれない。
  • 点滴前はやっぱり食べないほうがいいと思います・・・
  • ハーセプチンかタキソール、どちらの副作用かはわからないけど数日前から下痢になりました。
  • 指先の痺れでもらった「リリカカプセル」という薬はとても眠くなった。

 

 

3回目 - 腫瘍マーカーの上昇

点滴自体は問題なし。

しかしこの頃、腫瘍マーカーが検査するたび毎週上がっていってるという恐ろしい状況でした。

詳しい数字は覚えてないけど、3→6→10と上がってました。はい、上がり方が半端ねぇよ!!

それで、他の部位にガンの可能性ありってことになった!!( _o_)ガーン

 

私的には鎖骨の辺りに違和感を感じていたので、絶対そこだわー!って思いこんでました。

ハーセプチンが効くガンは脳に飛び火しやすいということで、脳MRIもしたのですが・・・問題なし。

というわけで・・・

 

PETしましょうか
みるこ
え・・・!?
ついでのついでに胃カメラと子宮の検査もしましょうか
みるこ
ま・・・まじっすか・・・
それから次回は検便もね!
みるこ
・・・・

 

病院嫌いの私が、愚痴る余裕もなく白目をむいたのは言うまでもない・・・

 

4回目&5回目 - まだ上がる腫瘍マーカー

点滴自体は気持ち悪くもならず、順調に済ませていました。

それよりもこの頃の不安は、相も変わらず上昇し続ける腫瘍マーカー!

大幅に上がる勢いは少し治まったものの、前回より少しだけ上昇ということで様子を見ることに。

 

この時点でPETも脳MRIも終わらせていて、どちらも問題なかったのですが、結局マーカー上昇の原因は不明のまま。

この4回目~5回目の間に胃カメラ検査も済ませました。

 

この頃、腕が青タンだらけに!

原因は、胃カメラのために刺す点滴に何度も失敗されたため。

注射の痕が青タンになるのは、針の刺し方や止血のやり方、もしくは薬がちゃんと血管に入っていない場合などで起こるらしいですが・・・

抗がん剤で血管が細くなってて、見えにくくなっていたから仕方なかったのかもしれないけど、これは失敗しすぎでしょ!

 

胃カメラ検査の注意ポイント

「胃カメラ検査はめっちゃ苦しいで!!寝てるうちに終わるやつの方がいいで!」って聞いてたので、そのことを看護師さんに伝え「寝てるうちに終わる方法」をとってもらったわけですが、この「寝る」方法は点滴です。。

注射が大嫌いな私にとってはもう最悪で、しかも上記のように何度も失敗され、「こんなことなら起きたままでよかったかもしれない。。。」と思わずにはいられなかった苦い思い出・・・

「胃カメラ嫌だなぁ」って思ってる人は、そのやり方を事前によく聞くことをおすすめいたします(´-∀-`;)

 

あと、手足の痺れがかなりひどくなってきていました。

二回目には多少の指先の痺れだったのが、この頃になると結構気になる痺れへと変化しました。

 

6回目&7回目 - 腫瘍マーカーが正常値に戻る

相変わらずタキソール・ハーセプチンの点滴は問題なくクリア。

6回目の時に熱が出るも、微熱で止まりホッとする。

そして腫瘍マーカーが、7回目の時にやっと正常値に戻った!

 

振り返ってみると、3回連続でマーカーが上がり、検査しても異常なく、4回目で少し下がり、5回目で正常値になったという不思議な現象。

 

主治医も「う~~ん」と首をかしげながら『なにかにたまたま反応しちゃったのかもねぇ(笑)そういうこともあります!』ということだった。

数字が全てじゃないんだな、体っていうのはほんとに不思議なんだなぁと思った日でした。

 

8回目~12回目 -点滴も体調も問題なくラストを迎える-

このあたりで、「EC療法の副作用」で書いた視力の低下が限界に達したので眼科に行ったりもしました。

手術の日取りを決めたのもこの頃です。

EC療法

EC療法は、エピルビジン(E)とシクロホスファミド(C)というお薬を組み合わせた療法です。 ...

続きを見る

 

ちなみに、EC療法を始めた頃から「ナイロンアレルギー」になってしまっていたので(ナンダソレ)、点滴の針は全て布テープと絆創膏で固定してました。

写真は色んなテープを試されるの図。

血がリアルに飛び散ってたので、ふざけたアイコンで隠してます・・・

 

点滴の時って透明のテープで固定されることが多かったんだけど、あれがダメみたいで真っ赤っかに。

最初の頃はなにで留めようかと看護師さんたちも色々試しながらって感じでしたね。

結局白い布テープと絆創膏に落ち着いたけど、これだと粘着が弱くて看護師さんはいつも大変そうでした・・・(;´∀`)スミマセン...

 

タキソールとハーセプチンの副作用

ここで、私が病院から説明されたタキソールとハーセプチンの副作用をまとめておきます。

でも、実際は説明通りの副作用なんて出なかったものもあれば、聞いたこともなかった副作用が出たりもしました。

その辺のことは最後の方に書いておきます。

 

タキソール由来の副作用

アレルギー

タキソールは薬によるアレルギーを起こす場合があるようで、今まで他の薬でアレルギーを起こしたことがあるかどうかの確認をされました。

私は問題ありませんでしたが、もしアレルギーがある場合は抗がん剤投与の30ほど分前に抗ヒスタミン剤とステロイド剤を点滴注射するようです。

実際にはそんなに強いアレルギーを起こすことはあまりないようですが、軽いものなら息苦しさや発疹・顔のほてりなどの症状が出るらしいですね。

 

脱毛

「タキソール=脱毛」です。

投与後2週間くらいから脱毛が始まり、4~5週目でほぼ全て抜けるのが通常!

脱毛関連のことに関しては別記事で書いてるので気になる方はそちらを見てくださいね!

抗がん剤による脱毛はいつから?準備しておくと便利なもの

脱毛の説明を受けたとき、EC療法を始めて二週間後くらいから脱毛が始まると聞いていました。 ...

続きを見る

 

しびれと筋肉痛

投与を重ねていくにつれ、手や足の指先にピリピリとした痺れを感じることがあるようです。

そういった症状の予防の為に、私は「リリカカプセル」という飲み薬を処方されました。

症状がひどい場合には投与を休むこともあるようです。

 

白血球数の低下

EC療法と同様に、白血球が低下する可能性があります。

大体3~4回目のときに最低になって、あとはその数値が横ばいになるみたいです。

極端に減ることはないらしいですが、もし著しく減った場合は抵抗力がなくなるので発熱を起こしやすくなります。

38度以上に熱が上がった場合は、肺炎などになる恐れもあるため抗生物質の薬を飲むよう言われました。

そして、なるべく風邪など引かないように外出時のマスクの着用・うがいの習慣を忘れずにと念を押されました!

 

タキソールは、吐き気よりも食欲が増えることがあるようですが、私の場合はEC療法をやってるときのほうが食欲増進でした!

吐き気が出ることはほとんどないみたいですが、一応吐き気止めの点滴も同時に行われました。

上記に上げた副作用以外としては、体が疲れやすくなる・間接痛・口内炎・味覚の変化・爪の変化・便秘・むくみ・めまい・肝機能異常があるようですが程度は軽いことがほとんどみたいです。

 

ハーセプチン由来の副作用

発熱

10人中、4~5人の割合で38度以上の発熱が見られるようです。

最初の治療のときに起こることが多いみたいですが、私は6回目で微熱を出しました。

38度以上にはなりませんでしたが・・・。

 

寒気や倦怠感・食欲不振

こちらは10人に1~2人の割合で見られる症状らしいです。

私に症状が出たのは「倦怠感」くらいでした。

 

心不全

今までに行った治療で、心臓の機能が落ちている場合はハーセプチンが使えないみたいです。

事前に超音波検査とか心電図とか胸部のレントゲンなどで検査します。

 

その他の私が体験した副作用

ほてり頭痛筋肉痛など細かなことは色々ありましたが、どれも症状としては軽く、気になるほどのものではありませんでした。

もし説明を受けていない症状や、あまりにも辛い状態になったら病院や主治医に電話して確認するのが一番!

 

実際に私も抗がん剤を始めてすぐの頃は本当にわからないことだらけだったので、「市販の頭痛薬は飲んでもいいの?」とか「肩こりがひどいからピップエレキバン貼ってもいいですか!?」とか、なんともしょうもないことを電話して聞いてました(笑)

その度に主治医は優しく丁寧に教えてくれましたよ(*゚ー゚*)

 

注意ポイント

ピップエレキバンには使用上の注意として「悪性腫瘍のある方は医師との相談の上、~~」という一文があります。

市販の薬にはこういった注意書きが結構あるので、今まで普通に飲んでいたお薬や体に使用するものには注意して説明書にもう一度目を通すほうがいいと思います。

 

ちなみに、市販の頭痛薬や風邪薬・ピップエレキバンの使用の不可を医師に聞いたところ「OK!」という回答だったので、私は普通に使ってました。

このエレキバンのおかげで、かなり肩こりの筋肉痛は楽になりました。

でも、エレキバンの貼るタイプよりはマグネループの方が楽ちんだからそっちがおすすめかもしれない。。

 

他のお医者様がどうなのかわかりませんが、私の主治医は「なにかあったら電話ください!」と、抗がん剤をはじめる時に携帯番号付きの名刺をくれたので安心感は大きかったです。

少しでも楽に、安心して治療に専念できるよう、不安なことはきちんと主治医に聞きましょうね。

 

-治療と副作用
-, , , ,

Copyright© EC療法で完全消滅した乳がんの記録 , 2018 All Rights Reserved.