トリプルポジティブ乳がんが完全奏効するまで続けた7つのこと

EC療法で完全消滅した乳がんの記録

続けた7つのこと

2015/4/12

乳がんには太らない努力を!だけど運動も一歩間違うと悪影響に

「生活の中で適度な運動を取り入れることが健康への第一歩!」っていうのは、どこでも言われてること。 乳がん治療中、主治医からも「体重はあまり増やさないようにね」と言われていました。 太れば太るほど乳がんになりやすい(再発しやすい)体になるみたいなので気をつけないといけません。 でもね、、私はもともと運動が大嫌い(笑) 気管支が弱く軽い喘息も持っているのでランニングとか長時間動くことが苦手なのです。。ゼーハーゼーハーナル(´Д`|||) しかし、多くの疫学的研究で運動不足が乳がんや大腸がんの発生率を高める ...

ReadMore

続けた7つのこと

2015/4/8

不規則な生活やストレスを抱えることは癌細胞を元気にしてしまう原因に!

ストレスが乳がんに関してどれくらい関係しているのか、私なりに調べましたが確固たる情報は見つけられませんでした。 ただ、乳がんはエストロゲン(女性ホルモンの一つ)の過剰な分泌が関係しているらしく、このエストロゲンの分泌を即している一つにストレスがあります。 乳がんの原因としてはストレスとコレステロール(脂質の一種)の過剰摂取といわれています。 ストレスを感じるとホルモンバランスが崩れてしまうので、こういったところからストレスと乳がんが結びついていると考えられているようです。 不規則な生活していませんか?知ら ...

ReadMore

続けた7つのこと

2015/4/8

ゲルソン療法のにんじんジュースが癌に効くって本当?

乳がんになって、どうしようとオロオロしていたとき、まず目に飛び込んできたのが「にんじんジュース」のこと。 そして「ゲルソン療法」のこと。そして思った疑問の数々、、、   どうしてにんじんジュースなのか? ゲルソン療法とはなんなのか? なんで低速ジューサーがいいのか? にんじんをジュースに?まずいんじゃないの?   そんな疑問を払拭するべく調べまくった結果、私はヒューロムの低速ジューサーを購入し、今ではにんじんジュースを二日に一回の割合で飲んでいます。   毎日飲めるときは飲ん ...

ReadMore

続けた7つのこと

2015/4/8

ガンが嫌う要素の一つ、低体温を撃退して活性化を防ぐ!

自分の平均的な体温が何度くらいか把握してますか? 私はというと・・・熱っぽくなった時だけしか計ったことなかったです(ーー;) 乳がんになって低体温がどれだけ危険なのか知り、自分の基礎体温を確認しました。 うん、まぁ大体36~37をいったりきたりってところでした。   理想の体温は36度5分以上! さて、なぜ私が低体温がダメだと思ったかというと、もちろん乳がんというものを調べていくうちに色々な情報を目にしてしまったからです。 日常的な体温が35度台の人は、がん細胞が最も増殖しやすく代謝が落ちるため ...

ReadMore

続けた7つのこと

2015/4/4

乳がんになって見直した睡眠時間と質

睡眠が健康はもちろん美容にも深く関係していることは承知しておりました。 睡眠のとり過ぎ、睡眠不足、どちらも体には悪影響を及ぼす模様。。 睡眠時間が短いと乳がんになりやすい?! 夜間に光の下で起きているとメラトニンというホルモンの分泌が抑制されるようなのですが、このメラトニンは女性ホルモンであるエストロゲンにも作用するので乳がんのリスクが上昇すると言われているのです。 他にも 夜間に白熱電球の光を39分間浴びるとメラトニン生産量が半分に減る 平均睡眠時間が6時間以下だと乳がんのリスクが1.62倍高まる など ...

ReadMore

続けた7つのこと

2015/4/4

乳がんに打ち勝つ!私が行った食事療法

「乳がんです」と言われたら、やっぱり気になる食べ物。 きっと皆さんたくさん調べられたんじゃないかと思います。 そして調べれば調べるほど、「食べてはいけないものリスト」と「食べると良いものリスト」が増え、溜息が出てくるんじゃないでしょうか・・・ 情報は溢れかえっているけれど、私が私なりに出した答えの末、信じて食べ続けたものをご紹介します。   嫌になるまで食べ続けたもの 実際、私がもらったメールで一番多かった質問がこれです。   食事はどういったものを食べていましたか?   そ ...

ReadMore

続けた7つのこと

2015/4/1

乳がんになったら禁煙しなきゃダメですか?!

乳がん告知を受ける前の私はかなりのヘビースモーカーでした。 一日に1箱・・・1箱半いくときも・・・ もちろん、調べましたとも!乳がんとの関連性。 「全く関係ありません!」の文字が見たくてね・・・! そうして調べた結果、、そして私の選択は・・・   喫煙と乳がんの発生率は? 私が調べた結果だと、閉経前で喫煙していると乳がんになりやすく、閉経後の場合は影響なしということ。 私は閉経前だったので影響が出るということになりました、、はい。。。   これもね、まぁ、タバコには発がん性物質が含まれ ...

ReadMore

続けた7つのこと

乳がんに打ち勝つ!私が行った食事療法

投稿日:2015年4月4日 更新日:

「乳がんです」と言われたら、やっぱり気になる食べ物。

きっと皆さんたくさん調べられたんじゃないかと思います。

そして調べれば調べるほど、食べてはいけないものリスト」「食べると良いものリスト」が増え、溜息が出てくるんじゃないでしょうか・・・

情報は溢れかえっているけれど、私が私なりに出した答えの末、信じて食べ続けたものをご紹介します。

 

嫌になるまで食べ続けたもの

実際、私がもらったメールで一番多かった質問がこれです。

 

食事はどういったものを食べていましたか?

 

そして、その質問の回答はいつも同じです。

それは・・・

  1. もずく・めかぶ・ワカメなどの海藻
  2. ブロッコリースプラウト
  3. にんじんジュース
  4. オリーブオイル

 

積極的に摂るようになったのは上記4つ。

でも、一言で言ってしまうと、私の食事のとり方は「自分が良いと思ったものを選択して食べる」でした。

その中でも、野菜は乳がんになる前と比べたら積極的に摂るようにしてましたけどね。

 

ガンに効くといわれる健康食品は山ほどあります。

そして、サプリメントや「ほにゃららエキス」など、製品化されているものはほとんど高額というのが現実。

ぶっちゃけ、そういったものが気にならなかったわけじゃない。気になってたさ!すごく!すごくね!

でもお値段見ると・・・「くっそぉ・・・病気だと思って足元みやがって・・・( 一一)チッ」って思ってたんですよ(笑)

 

というわけで、そういったサプリメント類は一切買わなかったので効果のほどはよく知りません。

私は単純にシンプルに安く続けられるものを選んで食べてました。

 

じゃあ、なんで基本この4つだったのか。

それを説明していきたいと思います!

 

1.もずく

まず一つ目は海草のもずくです。

海草の”ねばねば”が良いと知りました。その中でも、もずくが一番良いんだと。

 

POINT!

海藻に含まれているフコイダンには、中性脂肪抑制や免疫力増強作用など、ガンの進行を遅らせ癌細胞を崩壊させる作用があるらしいのです。

 

ガンになって、気をつけるようになったことは沢山あります。

禁煙も始めたし、夜更かししないようにしたし、塩分は控えめに、ストレス発散して適度な運動を・・・・と。

でも一番大事なのは、私は癌への免疫を増やすことだと思ってます。

免疫細胞が増えると生活習慣病などの予防にも繋がりますしね。

 

じゃあ免疫を増やすにはどうするのがいいのか?と調べたところフコイダンという言葉に行きつきました。

そして、そのフコイダンというものは昆布やワカメ等の海藻類に含まれるヌメリ成分の一つで、その中でも特にもずくに多く含まれているということを知ったのです。

 

もずく酢じゃダメ!生もずくか塩もずく

よくスーパーで売られている市販の「もずく酢」

最初は「じゃあ、あれ食べときゃいいんだな!」って思って、飽きもせず毎日食べてました

そしてしばらく経ったある日、知人に「もずく食べてるんだ~」と話してたら・・・

 

市販のやつは塩分めっちゃ入ってたり添加物が含まれているものが多いから体に悪いよ~
友人

 

って言うわけです。

せっかくフコイダンを摂取しててもそれじゃあ意味がないよ!って。。

 

みるこ
は?!マジで言ってんの?!じゃあ、あかんやん?!

 

ってなりまして。。

結果、大量の塩もずくに変更しました。

これからもずく生活を始めようとしている皆様は最初から生もずくか塩もずくを食べることをお勧めします(;´∀`)

抗がん剤を受けてから数年経過していますが、私は元々もずくが好きなので今も頻繁に食べてます。

 

最近、私が買っているのはこちらの塩もずくです。

沖縄津堅島産もずく500g×2袋

沖縄津堅島産もずく500g×2袋

2,380円(09/03 09:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

もずく毎日どうやって食べてたの?

うん、毎日食べるとなると結構大変なんですよね。

私はあまり料理が得意ではないので、「タコともずくの酢の物」「ネギともずくの味噌汁」ばかり食べてました。

 

塩もずくより生もずく

なぜ「生」の方が良いかと言うと、塩蔵や味付けをされていると栄養素が変化したり、塩抜きの時にぬめり成分のフコイダンフコキサンチンも流れていってしまうようなのです。

「塩もずく」より「生もずく」がいいというのは理解しているのですが、生もずくは時期があってなかなかお目にかかれません。

なので基本は「塩もずく」を食べてました。

 

最初に言ったように「フコイダン」で検索すると、サプリメントやビンに入ったエキスみたいなものも出てきます。

そういうモノの方が効果がありそうな気もするけども、、高いよね~。

治療費でヒーヒー言っていた私には無理なお値段でしたので、こうして普通のもずくをせっせと食べていたのでした。

 

だけど「値段なんて気にしないわ!」という方はサプリメントの方が簡単でいいかもしれませんね。

お金に余裕があったら、きっと私もそういうサプリにしてたと思う。(基本めんどくさがりだから(笑))

 

2.ブロッコリースプラウト

二つ目はブロッコリースプラウトです。

これはブロッコリーの新芽のことです。

ブロッコリーやスプラウトに含まれている「スルフォラファン」というものが、乳がん幹細胞の増殖を抑制するらしいと知り摂取するようにしました。

スルフォラファンについての研究や詳しい効果などはココでは省きますね。

中途半端な知識の私が説明するより、専門家の方たちのお言葉の方が分かりやすいと思うので。

とにかく、調べた結果「乳がんに良い」と知った私は、この「スルフォラファン」をバクバク食べたのでした。

 

私の近所のスーパーでは、写真のブロッコリースーパースプラウトという商品を扱っていた為これを食べていました。

カイワレよりは辛くないですが、カイワレよりも少しクセがある感じです。

普通のスーパーでもよく見かけるので、メジャーな食べ物なのかな?

私は、乳がんになって初めてこんなのがあることを知ったんですが(´-∀-`;)

 

ちなみに、この「認定マーク」というのも気になったので調べてみたら・・・

米国ジョンズ・ホプキンス大学認定マーク、「ブラシカマーク」。全世界のスーパースプラウトの認定を行う団体、BPP社(Brassica Protection Products)の厳しい審査にパスした生産者の製品にのみこのマークを付けることが認められています。
売り上げの一部はがん予防研究のために使用されています。

ということでした。

信頼できる商品ってことですね。

 

そして「スルフォラファン」については、この商品の販売元の村上農園さんも詳しく説明してくださっています。

スルフォラファンとは、ファイトケミカルの一種でブロッコリーに微量に含まれており、ピリッとする辛みのもととなる成分です。
そのすぐれた解毒作用や抗酸化作用から、がん予防をはじめ多くの研究結果が報告されています。

出展:村上農園の機能性野菜>スルフォラファンとは?

詳しくは出展元を見てみてくださいね。

 

スルフォラファンが含まれる食物

最初は取り憑かれたように毎日スプラウト食べていた私ですが、まぁ、、そっこーで飽きました(笑

で、途中からは「ほどほど」に食べるように。。

なんでもやりすぎはダメですね。続けなければ意味がないので!

 

そしてブロッコリースプラウト意外にもスルフォラファンが含まれる食物はあると知り、それらも積極的に摂るように。

 

スルフォラファンが含まれる食物

  • カリフラワー
  • 大根
  • ケール
  • キャベツ
  • 芽キャベツ
  • 白菜

などです。

 

注意ポイント

上記に上げた野菜にもスルフォラファンは含まれてはいるのですが、例えばキャベツ100gに含まれるスルフォラファンが50mgほどに対し、ブロッコリースプラウトはなんと1000~2000mgという驚異的数字が・・・!

なので、できることならブロッコリースプラウトを食べたほうがいいですよ!

 

1パックで結構な量が入ってて、一度に全部食べると気持ち悪くなるかもしれません。。。

私は調子に乗ってバカバカ食べてたら気分悪くなりました・・・(;´・ω・)

 

3.にんじんジュース

最後の3つめは、おなじみのにんじんジュースです。

「乳がんにはにんじんジュース!」

食べ物のことで調べ始めて、まず目に飛び込んできたのがこの言葉でした。

 

どうしてにんじんジュースなのか?は、別記事で書いていますので、興味のある方はそちらも読んで見て下さい♪

ゲルソン療法のにんじんジュースが癌に効くって本当?

乳がんになって、どうしようとオロオロしていたとき、まず目に飛び込んできたのが「にんじんジュ ...

 

私が今でも飲んでいる、にんじんジュースレシピは至ってシンプルです。

  1. りんご
  2. にんじん
  3. レモン

以上!

 

340a

これが私のにんじんジュースのレシピです。

至って普通の組み合わせ!これ以外はやりません(^^;)

最初はこのジュースを毎日、お風呂上りに飲んでいました。

 

しかし、めんどくさいも日もあったり「今日はなんか飲みたくないな」と思う日もあったりで、そのうちに飲むことが苦痛に。

それで今では、大体2日に1回のペースで飲み続けている感じです。

 

ジューサーは結構なお値段がするので最初は躊躇しましたが、今は買ってよかったと思ってます。

私が使っている低速ジューサーのレビューも書いているので、よかったどうぞ!

ヒューロムスロージューサーを使った感想

ついに・・・ついに! 低速ジューサー2代目光臨です!   一代目のヒューロムジュ ...

 

調理にはオリーブオイルを

以前は普通の植物油を使っていました。

ちょっと気にして「脂肪が付きにくい」やつとか。

 

でも、よく考えたらトータルで見れば油ってかなりの量を摂取してると思うんですよ。

「食べ物」って感じじゃないから見逃してたんですけど。

 

だから気になって来ちゃって「油」を調べました。

そしたらオリーブオイルに行きつきまして、今じゃうちの油はオリーブオイル意外使っていません。

 

オリーブオイルの作用

これも調べれば詳しく書いてくださってるところが沢山あるので、簡単に書いておきますね。

 

  • 悪性腫瘍の予防や発達を抑える成分が含まれている
  • 抗酸化物質やビタミンEが豊富に含まれている為、細胞の消耗防止に繋がる
  • ポリフェノールを豊富に含んでいるので、強力な抗酸化作用と抗発がん性、腫瘍増殖を抑える効果がある
  • 肌を紫外線から守り、老化防止にも期待できる

 

そういった理由からもうずっとオリーブオイルです!

私が使い続けてるのはこれ。

 

POINT!

オリーブオイルは遮光ビンに入っていて、コールドプレスのものを選ぶのがベストです。

 

 

大事なのは体の声を聞くことと続けることだと思うのです

「まずいなぁ・・・」

「嫌だなぁ・・・」

「もう飽きてきて食べたくないな・・・」

 

そんな風に思いながら口にするものの栄養がきちんと体に届くのか。

 

私は、人の精神ってすごく威力を発揮するものだと思ってます。

マイナスな気持ちで「良いといわれていること」をしても、きっとその力はあまり出してくれないんじゃないかと思ってます。

なので、私は嫌になったらやめます。

自分が「お、効いてるぞ効いてるぞ!」「おいしい!」「食べたい!」と思うことが第一優先なのです。

 

それから、体の声をちゃんと聞くこと。

脂肪がダメって言われます。

アルコールタバコもダメって言われます。

砂糖も、塩分も、炭水化物もダメダメダメ!

 

ダメーーーー!!!( ゚Д゚)

 

「・・・もうそんなダメダメ人生なんていらんっ!」っと、本気で思いました。

 

私は、苦しむために生きたいわけじゃない。

私は楽しく過ごしたいのです。

笑って、おいしいもの食べて、楽しいことして、、、

だから途中から考え方を「やれることだけやる」に変えたんです。

 

抗がん剤治療中に私の体が欲したもの、それは・・・

EC療法の記事でも書いてますが、マクドナルドのダブルクォーターパウンダーです。

ありえない!おかしい!と私自身ずっと思っていました。

他の方のブログ読んでも「何も食べられない」「水しか口にしていない」などなど、、、

どこを見てもそんな脂っこいガッツリしたものを食べたくなったなんて書いてなかった。

 

それにもちろん脂質はご法度ですからね、マクドなんてとんでもないことでしょう・・・

でも、どうしても食べたくてね、もう病的に”牛肉”が食べたくて(笑)

 

もちろん吐き気はあるんです、実際吐いてたし。

でもね、床を這いずり回りながらも・・・

 

みるこ
気持ち悪いぃーうぇぇぇ・・・

・・・肉食いたいぃぃ肉ーーマクドぉぉ

 

といった具合で、旦那に買ってきてもらってペロリと平らげたりしてました。

抗がん剤治療中、私はこのパウンダーセットを3度ほど食べました。

 

牛肉はダメだと言われてますが(特に輸入品)、でもさ、牛肉にだって栄養があるわけでしょう?

きっと、その時、私の体の何かが、牛肉の栄養を必要だと思ったんだと思うんですよ。

だって私、普段は肉よりシーフード派でなんです。

こんな風にお肉を欲することは、ほとんどなかったんですね。

 

あとは何気なくスーパーで目に留まった柿がどうしても食べたくなって、なぜか毎日のように柿が食べたくて・・・

食べまくった後に「そういえば柿ってガンにどうなの?悪いの?大丈夫?」と思い調べたんですが、柿はビタミンCがたっぷり!

ビタミンCは、抗酸化作用と免疫力強化でがん細胞を正常にする働きがあるということを知り一安心。

 

その時に、そういうことなんだなぁと思ったわけです。

自分の体に必要なものは、ちゃんと体が教えてくれるんだなと。

 

結果、私が辿り着いた食事療法がこれでした。

「その時に体が欲しているものを”バランス良く”食べること。

でも、食べすぎは厳禁!」

 

大事なのはバランス

食べ物に関しては本も読みましたしネットでもたくさん調べましたが。

でも、結局のところ「今、ガンに良い」とされているものが、数年後には「やっぱり悪いものだった」になってることなんてよくある話なんですよね。

医学も栄養についての賛否両論も日々変わっていく。

ですので、昔から言われているバランスよく食べること。

その時の流行りモノに惑わされないこと。

私はこれに尽きるんだと思ってます。

 

食事についてのまとめ

  1. 私が積極的に摂っていたのは「もずく」「ブロッコリースプラウト」「にんじんジュース」「オリーブオイル」の4つ
  2. もずくは「生もずく」が良し!なければ「塩もずく」で
  3. 乳がん幹細胞の増殖を抑制する「スルフォラファン」が一番多く含まれているのは「ブロッコリースプラウト」
  4. オリーブオイルは「コールプドプレス」と「遮光ビンに入っているか」をチェック
  5. 私は、食事は野菜を中心に「バランスよく食べる」ことをモットーにしている

 

私は、無理せず楽しい食事を心がけたいと思ってます。

沢山の情報の中から、自分に合ったものをピックアップして、信じて続ける。

これからも私はそういう食事の在り方で行くと思います。

 

-続けた7つのこと
-, ,

Copyright© EC療法で完全消滅した乳がんの記録 , 2018 All Rights Reserved.