トリプルポジティブ乳がんが完全奏効するまで

EC療法で完全消滅した乳がんの記録

検査の種類

PET-CT検査

更新日:

 

PET-CT検査とは、専用の薬を点滴で投与し、がん細胞だけを見つける検査です。
早期の小さながん細胞も発見することが可能といわれています。

検査のやり方としてはCTやMRIみたいな機械に仰向けに寝ているだけ。
検査前に点滴で薬剤投与がありますが、造影CT等のように点滴につながれたまま検査するわけでもなく、MRIのようなガンガンとした音があるわけでもないです。

最初の採血と薬剤投与さえ頑張れば至って検査中は穏やか。
寝てしまわないよう気をつけるくらいです。

私が初めてPET検査を受けたのは、タキソール&ハーセプチン療法を始めてから腫瘍マーカーが上がり続けた為でした。

タキソール&ハーセプチン療法3回目が終わった後にPET検査が入りました。

当日の簡単な流れは、医師の診察→単純CT検査→PET検査のための採血&薬剤投与→PET検査という形で、同日に単純CTも行いました。

 

PET検査の流れ

 

  1. 専用の椅子に座り採血&PETのための薬剤投与(点滴で4~5分かかった)
  2. 薬剤が全身に回るまで1時間ほどかかるので別室に移され、ひたすらボケーっと過ごす。
    この間、読書もしてはならない。
  3. 薬剤投与から1時間後にPET開始。
    単純CT等と同じような機械に横たわり、頭・体を固定されたまま25分~30分そのまま。
  4. 薬剤を尿として早く出すためにも水分をたくさん取ってくださいと説明を受けて終了

 

実際のPET検査のときの日記

行って参りましたよ、初のPET検査とやらに。。。!!

PETはいつもの病院ではやってなくて、CT・MRI・PETなどの検査専門の病院に主治医から紹介状を書いてもらいました。
向かった先には超立派なビルが・・・!

ウィーンと自動ドアを入ったとたんに、受付嬢ぽいお姉さんが「おはようございます(*^^*)こちらへどうぞ♪」なんて言いながら、すぐそこにある受付カウンターまでご案内!!

こんな短距離をご案内してくださるとは・・・ホテルですか、ここは・・・などと思いながら言われるままついていく。
ロビーも超キレイで、ピアノ曲がゆるゆるり~と流れています。
予約時間より早くついちゃったので、スマホいじりながら待つこと1時間ほど。
同じように待っているのは、みんなそこそこお年を召した方たちばかり・・・

やっと名前を呼ばれ、またしても「ご案内します♪」とご案内嬢。
そして更衣室に連れて行かれる。
鍵付の木目のロッカーが並んでいて「キレイだねぇ、、建ったばっかりなのかねぇ・・・」なんて思いながら着替える。

検査用の着替えは専用の上下セットが渡された。
カツラはとりあえずつけたままでいいと言われたけど、結局検査の時ははずさなきゃいけないらしいので、それなら初めから帽子着用のほうがいいってことで用意してきた帽子をかぶりいざ出陣!!

更衣室から出ると看護師さんが3人ほど並んでいて、これまたにこやかに「こんにちは~(^○^)」と言われ、なんだかタジタジ・・・(笑

ここは病院なのかほんとに・・・・と思うくらいの病院らしからぬ小奇麗さと愛想の良さと親切感!!
そして、事前に書いてきた問診表を見ながら説明を受ける。

私は今回、単純CT(造影剤なし)とPETの検査で約3時間かかるらしい。
流れは、医師の診察CT検査PETのための採血&注射PET検査→終了。

医師の診察は問題なく終わり、特に何かされたわけじゃなく口頭での質問だけ。
そしてCT検査。これも造影剤なしだから痛くも痒くもなく終了。
びっくりしたのが、全てにおいて、次の場所に移動する時はご案内嬢が出てくるということ(笑

「こちらです」「右へお進みください」等々、とりあえず至れり尽くせりで迷うことなく検査が進んでいくのだ。
普通の病院だと口頭で「○階の○○室に行って下さい~」とか言われるだけだもんなぁ( ̄_J ̄)

CTが終わるとまたご案内嬢が来てくれて「PETの場所にご案内いたします」と行ってエレベーターへ。
「3階での処置となります、行ってらっしゃいませ(^^)」とエレベーターのドアが閉まるまでお見送り。
あたしゃどっかの貴族にでもなったのかね?(・_・o)

そして3階に着きドアが開くと、またそこにもご案内嬢!!!(笑
注射の用意をするからちょっと休んでてくれと言われ、一部屋を4つに区切ったお部屋に連れて行かれる。

4つの区切りそれぞれにリクライニングシート・テーブル・タオルケット・毛布・ティッシュ・紙コップ・ストロー3本が置いてある。

「こちらですこし体を伸ばして休んでてください」と言う。。

なんかもうほんとにホテルみたいw( ̄△ ̄;)w

薬剤が全身にいきわたるように注射のあと水分を取ったほうがいいらしいようで、「お水とお茶どちらがよろしいですか?(^^)」と聞くご案内嬢。

 

340iced私:
「あ、じゃあお茶で。。。」

案内嬢:
「常温と冷たいものがありますが?(^^)」


あ、じゃあ冷たいので。。。」

案内嬢:
「かしこまりました(^^)」

 

なんだか。。。。恐縮してしまうよ・・・・(・Θ・;)
すぐに冷えた【おーいお茶】が届く。あ、ここはペットボトルなのね(笑)

少ししてから「注射の準備ができました」と連れて行かれた先にはマッサージチェアみたいなごつい椅子。
この椅子に座りながら点滴で薬剤投与をする模様。

「注射でお気分悪くなったことはないですか?」と聞かれ、今までは「あります!!」と元気に(?)答えていたんだけど・・・ここのところ毎週採血注射で気分悪くなったこともなかったから「大丈夫だと思います・・・」と言った。

が・・・・・・・
それがまずかった・・・・・・・・・・

後々がっつり悪くなった!!!!=(´□`)⇒

 

椅子に座ったままで先に採血が始まり、そのままPETのための薬剤投入。
だいたい4分くらい。座ってる間も大丈夫だった。

が、点滴が終わって立ち上がった瞬間「あ、やばい・・・」と。。

先に行くご案内嬢の姿が歪み、その場でへたり込む。。。
いつも通り(?)全身から汗が噴出し立てなくなり、看護師さんが走ってくる(ーー;)
そしていつも通り(?)数分で復活する。

だけど車椅子が用意され座らされ、横になれるお部屋へ連れてかれた(´・ω・`)

ああ、、なんかめっちゃ病人や・・・・
いや病人なんやけどさ・・・・

汗が結構出てたのでよかったらどうぞと着替えを持ってきてくれて、エビアンもくれて、「毛布とタオルケットどっちがいいですか?」とかけてくれて、とりあえず、何一つ自分で動かなくてもいいっていう・・・

薬剤が全身に回るまで一時間ほどかかるので、その一時間はひたすら安静に過ごさねばならない。
読書もしてはならない。
ただひたすら、ボケーと天井を見上げてるか寝るかを繰り返す。

一時間後に呼ばれてPET検査室へ。
CT検査と同じような機械の前に寝そべる。頭固定・体固定。

技師さん:「時間は25~30分です(^^)」

Σ(- -ノ)ノ エェ!?
そんな・・・長時間固定されるの・・・・;;;

「でははじめます」と言って違う部屋に消えていく技師さん。。

・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あのー・・・・・・・・・・
いつになったら始まるの??(・_・)

・・・・・・・・・・・・・・まだ??

と思ってたら、少し奥に体が進んだ。

あ、始まってたのね≧(´▽`)≦

やってんのかやってないのか、ぜんぜんわからない。
MRIみたいにガンガン音がするわけでもない。
CTみたいに「吸って~吐いて~止めて~」なんて機械が喋ることもない。
まったくの無音。
時間をかけて少しずつ一定の場所で止まりながら機械を通過していく。

ぶっちゃけ
半分寝てた!!(__)。。ooOZZZZ
そしてちょっと
ビクッ!!!!(*。◇。)ってなった・・・・・

すんません。。。
やばいやばい!と思うもすぐに眠気が・・・・
なんとかビクッ!は一度だけで済んだ・・・はず・・・(記憶が確かならば)

終わった後は、画像の確認をするから30分程度さっきの休憩室で待たされた。
これでうまく撮れてない場合は、もう一度撮影しなきゃならないようだ。
また30分とか・・・それもきついな・・・

30分後、「無事に撮れてたようで、これで検査は終了です。長い時間お疲れ様でした!」と報告がきた。

こうして初のPET検査は終了。
とりあえず、病院のキレイさに一番びっくりしたみるこでした(^・ω・^)

この日の夕方、新しい冷蔵庫が届いてウキウキしながら詰め替えた♪

 

http://nyugan.net/wp/mri/

http://nyugan.net/wp/ct/

 

PET-CTの動画

札幌東徳洲会病院というところがPET-CT検査紹介動画をUPされていましたので、こちらに載せておきます。
参考にしてください。

 

 

 

-検査の種類
-,

Copyright© EC療法で完全消滅した乳がんの記録 , 2019 All Rights Reserved.