トリプルポジティブ乳がんが完全奏効するまで

EC療法で完全消滅した乳がんの記録

検査の種類

MRI検査

MRIはCTと同様に造影剤を使う場合と使わない場合があります。

私はどちらも体験済みですが、造影剤ありの時はうつ伏せの状態でしました。

あれはつらかった・・・(。´д`。)なにが辛かったのかは・・・下をお読みください~。

 

CT検査と比べて検査時間が長く(20~40分)、全身が筒状の機械の中に入れられるため圧迫感があります。

閉所恐怖症の方にはきついかもしれません。。

私が初めてMRI検査をしたのは造影剤なしの脳MRIでした。その後、胸のMRIをしましたがこちらは造影剤ありでやりました。

MRI検査についての大体の流れと感想を書いていますが、あくまでも私の体験であり全てがこれに当てはまるとは限りません。不安な部分や疑問などがありましたら事前に担当医に相談してくださいね。

 

造影剤なしの場合

  1. 筒型の機械の前に寝て、シートで体を固定される。耳栓をして、その上からスポンジのようなもので耳を両方から押さえ込まれる。
  2. カゴのようなものを頭にかぶせられた。目の前にプラスチックの格子がある形になる。こうして体・頭ともに完全固定完了。
  3. 胸の辺りまでが機械の中に滑り込んでいき、そこから20分ほどの検査開始。検査中はずっとガンガンガンゴンゴンゴン!という工事中のような音が響き渡る。事前に耳栓をするのは、この音があまりに大きいため。
  4. 動かずにちゃんと撮れていれば撮影終了。

 

とりあえず20~40分の間は全く動けないので、顔がかゆくなってきたー!とか、ちょっと腰が痛くなってきてずらしたいとか、、そういうことを我慢するのがつらかったです。(´・ω・`;)

動いてしまうと最初からやり直しなので、なるべく一回で終わらせられるよう無心で固まっていましょう(笑)

 

実際の脳MRI検査のときの日記(造影なし)

2012-06-05の日記

 

人生初の脳のMRIに挑んだみるこ。。。

ぶっちゃけ、なんだこんなもんか(^・ω・^)という感想でした。

せまーい所に押し込められて、閉所恐怖症の方とかは気分が悪くなってしまうとかなんとか・・・・という情報を目にしていたから、私もちょっと苦手なほうかもしれないと緊張してた。閉所恐怖症ではない・・・と思ってるんだけど(笑

340mri

CTと同じくドーナツ型の機械の前に寝て、シートで体を固定される。

耳栓をして、その上からスポンジのようなもんで耳を両方から押さえ込まれる。

そして頭にカゴ(?)のようなものがかぶせられた。

 

なんか説明の仕方が悪くて申し訳ない;;;

イメージ的には鳥かごの中の鳥になった気分(^・ω・^)目の前にプラスチックの格子がある感じ。これで体・頭ともに固定完了!

「寝ちゃう人もいるんで(*^-^)」と言う技師さん。

 

これがさー、この、腕も動かせない!頭も動かせない!動かしてはいけない!っていう感覚が余計に気分を悪くさせるんだよね;;;

全身全部入っちゃうものかと思ってたら違って、機械の中に滑り込んだのは胸のあたりまで。

入った先には、目の前に二本の電気が点灯していて(顔から近い!)目だけで自分の足元も見れる。下半身だけ外にほっぽり出されてる感じ。

 

ここから約20分。

ガンガンガンガン・・・ピッピッピッピッピ・・・・ガーーガーーガーーとすごい大音量。

最初はこんなんで寝れる人とかほんまにいるんかいな!?って思ってたけど、慣れたら寝られるかもしれん!って思った。(笑

それでも焦った時が二回あった。

やばい・・・鼻がむずむずする・・・・・

 

は・・・・は・・・・・・・ああーーーー!!

くしゃみがぁぁぁぁぁぁぁ!!

でもなんとか乗り切ったよ!鼻をヒクヒクさせながらね!!

腕も動かせないしさ、口を覆うこともできないしさ、ましてやくしゃみなんぞしちゃったら頭ブルっちゃうしさ。。

いやー20分動くなっていうのはけっこう辛いもんがあるよね。( ̄へ ̄|||)

 

そんなことしてるうちに、無事に終了。

CTと比べれば造影剤の注射もしなくていいし、全然楽だった!

 

造影剤ありの場合

  1. 造影剤を使用する為、検査前の問診表のチェックがあった。その中にある”喘息”の項目に私は引っかかってしまったため、造影剤前の点滴(約30分かけて)を施されました。
  2. 点滴が終わりMRI室に行くけれど、どうも前回(造影剤なし)の時とは違う様子に気づく。
  3. 寝台に大きな穴がぽっかり空いている。看護師さんから「うつ伏せになって胸をその穴から出してください」と言われる。
  4. 造影剤なしと同様に耳栓などの大音量防止措置をされ、造影剤投入後その状態で撮影開始。30分ほど放置される。
  5. 何事もなく終われば針を抜いて終了。造影剤ありの検査が全て”うつ伏せ”での撮影なのかどうかはわかりません。

 

体が動かせない辛さは造影剤なしと同様ですが、プラスうつ伏せということで変に力が入ってしまうのと、鼻炎の季節は鼻水が・・・辛かったです。。

してはいけないって思うと・・・余計にくしゃみとか鼻水とか痒みとか出てくるもんなんですよね~~(´-∀-`;)

 

実際の胸MRI検査のときの日記(造影あり)

2013-10-24の日記

 

MRIってどんなんやったっけ???って思ってた。CT?PET?MRI???もう色々ありすぎて、どれがどれだかわからなくなってきた。

今回行った病院はクラシックが静か~~に流れていて、フロントに受け付け嬢と男性スタッフがスラ~と並んでいる。

二階に上がればパンの良い香りが・・・・クンクンクン

今回のMRIは造影って言われてた。前回は造影ではなかった。

で、造影ってやっぱCTと同じで点滴してやるんやんなぁ・・・・って超ブルー。。

受付を済ませると問診後に看護師さんから質問される。

 

この中に当てはまるものありますか?
喘息は小さい頃なってました
みるこ
一番最後になったのはいつごろですか?
4~5年位前かな・・・?
みるこ
では、造影剤で副作用が出る可能性がありますので先に点滴しますね。
うっそぉぉぉん!?
みるこ

 

う、うそです!喘息なんて見たことも聞いたこともないです!って言いたい・・・( ;∀;)

言わなければよかったよ!!!!(あかんやろ)で、先に点滴30分される。

久しぶりに針刺したけど、、やっぱり未だに血管はないらしい。いつも通り手の甲に刺されたけど、これが痛いのなんのって!

でも、痛いですーとか言ったら、また刺し直しとかなっても嫌やから我慢がまん。漏れてなきゃ大丈夫!!(`・ω・´)

 

そして点滴が終わってMRI室へ。部屋に入るとトンネル型の機械。あ~、あのせまっくるしくて長い時間動けないやつかぁ~って思い出す。

でも、、自分が横になるところがなにかおかしいことに気づく。。

 

なんで背中乗せるところにあんな穴あいてるん・・・???
みるこ
はい、それじゃあうつ伏せに寝てくださいね~
え?!う・・・うつぶせ!?!?!
みるこ

 

前の時は仰向けで寝てるだけやったのに。。うつ伏せで30分固定とか辛すぎるんですけど・・・

 

そう、あの穴は乳を入れる穴だったのである!

えーーー本当は乳がんのMRIってうつ伏せなの???と思いつつ、寝っ転がる。

これねぇ、、、、ちょーーー辛いよ。。。いや、私にとってはだけど・・・

もちろん口と鼻の部分はあいてるわけだが、その分頭はオデコとアゴで支えるような形になって、、、

いってぇ~~~~ってなるんだよ。。。しかも、うつ伏せだから・・・・鼻水がね・・・

 

この日ちょっと鼻ずるずるだったんで、これがまあ辛いのなんのって!!

30分うつ伏せで鼻ずるずるなわけですからね、、時々目いっぱいすすらないと鼻水が床に垂れていきそうになる(笑)

かと言ってズルズルすい続けてるのも体が動いちゃうからよくないわけで、、、

なので、うつ伏せMRIに行くときはくれぐれもお鼻の体調を整えていってくださいませ!

鼻炎薬とか飲んでいくと鼻ん中カッラカラになるから安心ですよ!(`・ω・´)

そして、無事に終わると診察室へ戻りました。

 

そしたら今度はこのまま、穿刺吸引細胞診するっていうじゃないですか!!

えっ、ちょ!ちょっとまっ・・?・・・まぁぁああああああーーーー!!!

 

穿刺吸引細胞診を受けたときの内容はこちらから

穿刺吸引細胞診

穿刺吸引細胞診(せんしきゅういんさいぼうしん)は、しこりや怪しいと思われる場所に細い針を刺して、その部分の細胞を吸い出し ...

続きを見る

 

-検査の種類
-,

Copyright© EC療法で完全消滅した乳がんの記録 , 2019 All Rights Reserved.