トリプルポジティブ乳がんが完全奏効するまで

EC療法で完全消滅した乳がんの記録

検査の種類

まさか乳がん?しこりの自己チェックリスト

更新日:

しこりがあるからといって”乳がん”と決まったわけではありません。

しこりの多くは生理的な変化によるものが多く、乳腺炎乳腺症乳腺のう胞など乳がんじゃなくても”しこり”ができる病気が沢山あります。

しこりを見つけた場合は焦らずに下の項目をチェックしてみてください。

 

しこり自己チェックリスト

  • 良性のしこりの場合は柔らかく、悪性は石のように硬い感触がある
  • 悪性の場合は形が曖昧で、しこりの形がわかりにくい
  • 初期の場合は痛みがないことが多い
  • 良性のしこりはつるつるしていて、触ると動く
  • 乳首から茶褐色の分泌物がある場合は乳がんの可能性が大きい
  • 皮膚の近くの乳がんの場合は、皮膚の陥没やくぼみができることがある
  • 炎症性乳癌では、発疹がでたり熱を持つ場合もある
  • 腋の下にあるリンパ節の腫れ、しこりがある
  • 腕を動かしたりすると皮膚が突っ張る感じがする

 

どうでしたか?

たぶん・・・「確かにそんな感じがする・・・」の部分と、「いや、それはないからやっぱり大丈夫かも?!」の部分と半々ぐらいだったんじゃないかなと思います。

少なくとも私はそうでしたから・・・(;´・ω・)

ここからは実際に私がしこりの見つけてからの経緯を書いていきますね。

 

乳がんのしこりの感触

私の場合は、ある日なにげなく右胸の右上あたりが痒くなり、ポリっと軽く掻いた瞬間そこに”物体”を確認しました。

本当に、”血の気が引く”というのはああいう状態を言うんだろう。。

その時、私は当時の彼(現在オットくん)と一緒にネカフェにいたのですが、その物体に気づいた直後から私はだんまりに、、、

 

漫画を見ているものの、頭の中には「この物体は一体・・・」の疑問しか浮かんでこない状態。

”え・・・なにこれ?は?・・・なに・・・いやいや、、え!?”

とグールグルグル・・・。

私の異変を察した彼が、「どうした?」と聞いてきた頃には頭の中はショート寸前・・・

 

恐々と物体のことを話すと、彼は「すぐにネットで調べよう!」ということで、調べてくれました。

当時はまだスマホ持ってなかった・・・

 

そこで出てきたのが上で書いたようなチェック項目。

乳がん・しこり等で検索すればほぼ同じようなことが書いてあると思います。

もう怖くて気持ち悪くて自分では触ることもできず、硬直状態の私をよそにネットとにらめっこでチェックしていったのは彼でした。

 

私はというと、、その横ですでに目が死んでました。(≡д≡)

そして一通りチェックしたあと彼は言ったのです。

 

「うん。大丈夫!」と・・・

 

良性だと思ったけどやっぱり違った・・・

乳がんの症状を調べ上げた結果、彼と私が「大丈夫」と判断した理由は以下。

良性だと思った理由

  • しこりが柔らかく、ツルツルしていた
  • しこりを軽くつまむと、上下・左右に動いた
  • 皮膚のツッパリ感もなく、見た目の陥没や変形も見当たらなかった
  • 発疹や脇のリンパの腫れなどもない

はい。

私のしこりは、悪性の腫瘍として上げられている状態とはまったく違っていました。

だから安心して、「なんだ大丈夫じゃん!」と思ってしまったのです。

ただの乳腺症だろうと。

そのうち消えるんだろうと。

 

そして、そのまま一週間ほど放置しました。

しかしある日、私は「これはあかんやつや・・・( _o_)」ということにやっと気づきます。

 

ブラの内側にシミを見つけてしまったのです。

 

そうです、これこそが最初のチェック項目に出てきていた「茶褐色の分泌物」でした。

 

なぜ分泌物に気づけたか?

どうして分泌物が出ていることに気づいたかと言うと、乳首の先端に冷たい感覚があったからです。

初めは「何かで濡れたのかな?」と思いましたが、そうではなかった。

乳首を見ると、茶色の液体が先端からにじみ出ているのを確認。

その後、気をつけてブラの内側をチェックしてみると・・・バッチリ茶色のシミが付着していました。

 

それを見て失神しそうになりながらも、やっと重い腰を上げ病院へ行くことに。

そして検査の結果、「浸潤性乳がん」という結果に・・・。

 

自己判断はとても危険!

大事なのは、ネットに書いてあることが全て正解ではないということです。

情報はあくまでも「一般的な症状」であり、自分に当てはまるかどうかはわからないのです。

 

乳がんのしこりなのか、違うものなのか、それはお医者様でもきちんと検査をしないとわかりません。

普段と少しでも違うなと思ったらすぐに検査に行くことをおすすめします!

しこりを見つけてしまったのならすぐに行くべきです!

 

医師でも最初はわからない

私が検査に行ったとき、主治医はしこりを触りながらこう言いました。

「たぶん大丈夫だと思うけどねぇ、だけど血液が出てるから一応検査しておきましょうか」と。

お医者様が触診をして乳がんの可能性は低いと思った物体が、残念ながら乳がんだったという結果です。

 

そんなものが素人にわかるはずもないですよね;;;

ネットでの情報はとても役に立つ事も多いですが、こればっかりは自分の体の事です。

しっかりその道のプロに見てもらってください!

 

乳がんの場合はセルフチェックもできるので、毎日のバスタイムに少し気にかけるだけで早期発見が可能です。

ちょっとでも”変なもの”を見つけたら早めに診てもらいましょう!

 

検査に行こうかどうしようか・・・悩んでる方へ

私事ですが、私はとてつもない病院嫌いです。

血圧を測るだけで気分が悪くなって倒れるようなヘタレです。。( ;∀;)

採血は毎回といっていいほど倒れるし、なんでもかんでも悪いほうに考えてしまったりするメンタル的にもかなりヨワヨワの人間です。

 

現在は半年毎の検査だけですが、常に再発の恐怖はあります。

胸が少しでも痛むと”もしかして・・”と思います。

頭痛がひどいと”脳転移”という言葉が浮かびます。

腰痛があれば”骨転移”かもしれないと・・・

 

そんな不安は上げたらキリがありません。

その度に凹んで落ち込んで、青ざめて、マイナス思考が爆発します。

それでも、なんとかここまで乗り越えて、そして今も生きてます。

 

弱音も吐くし、投げやりになる日もあるし、もうだめだ・もう立ち上がれない・・・と思う日もあります。

転移するかも、再発するかもっていう恐怖はとんでもなく気持ちに負担をかけます。

私のように、結果「完全奏効してガン消えちゃった!」なんて言ってたって、悪性腫瘍がリンパまでいってた事実は変わらないのです。

再発の恐怖はきっと死ぬまで続きます。

そして、そういう再発の恐怖を感じる度に思うのです。

 

 

検査怖いですよね?

嫌ですよね?

嫌で嫌で嫌すぎて、布団かぶって寝ちゃいたい気分ですよね!?

わかりますわかります、わかりますとも!!

こちとら血圧測って気分悪くなり、採血したら車椅子に乗せられて移動されるような人間ですからね!(笑

 

でもね、リンパ取ることになっちゃったら結構面倒ですよ~?

二の腕の感覚なくなるし、長風呂だってできなくなっちゃいますよ?

ちょっと無理するとすぐに腕が疲れるし・・・!

 

今はピンとこないかもしれませんが、重いものはあまり持てなくなるし(すぐむくんだりするから)、ちょっと腕を使いすぎるとすぐにダルくなっちゃうし、それになにより二の腕の内側の感覚がないんですよ!?

この感覚、私はいつまでたっても慣れることができません・・・。

気持ち悪いというかなんというか・・・。(≡д≡)

 

 

だからね、私みたいになってほしくない。

「もうちょっと早く病院行っていたら・・・」って後悔してほしくない。

だから、だから、気になってるものがそこにあるのなら、早く行ってくださいね!

怖いのはわかるよ、みんな一緒!みんな怖い!

でも、今ふんばらないと後でもっと怖いことになるかもしれないよ!?

みんな頑張ってるよ!

 

もし今、検査に行くことを迷ってるなら早く行くべき!

大丈夫、こんな私でもなんとか乗り越えたんだから!

採血だけでぶっ倒れて車椅子で運ばれる人なんてそんなにいませんよ!(@_@;)メッチャ ハズカシカッタヨ...

 

安心を買いに行く

私は検査に行こうかどうしようか悩んでる時よりも、実際に「乳がんです」と告知された後のほうが気分はスッキリしていました。

だってもう進むべき方向は決まったのだから。

 

「安心」をもらいに行くと思いましょう!

「なんでもないですよ♪」っていう先生の言葉をもらって早く安心しましょう。

 

万が一、悪いものが見つかってしまっても早いに越したことはないんですから!

こんなに病院が嫌いで、行くのを渋ってたお前が言うなよ!と思うかもしれませんが、そんな私だからこそ言いたいのです。

 

私は浸潤性乳がんでしたが、もっと早くに検診などに行っていれば浸潤なんてしていなかったでしょう。

浸潤していなければ転移の恐怖も今の半分だったろうし、手術でリンパまで取らなくてもよかったと思う。

 

言いたいのはそういうことです。

なってからでは遅いんです。

 

 

がんばれ!!がんばれ!!!

そしてもし「乳がん」と言われてしまったら・・・

その時は一緒にがんばろう!!

 

-検査の種類

Copyright© EC療法で完全消滅した乳がんの記録 , 2018 All Rights Reserved.