トリプルポジティブ乳がんが完全奏効するまで

EC療法で完全消滅した乳がんの記録

検査の種類

穿刺吸引細胞診

更新日:

680Chelsea

 

穿刺吸引細胞診(せんしきゅういんさいぼうしん)は、しこりや怪しいと思われる場所に細い針を刺して、その部分の細胞を吸い出して検査します。

私がはじめてこの検査を受けたのは、リンパにもガンがいっちゃってるかどうかの検査でした。

次に行ったが手術後に胸の痛みが取れず、MRI検査が終わってすぐに穿刺吸引細胞診という時もありました。

胸に針を刺してグリグリと細胞を取る場所を探すなんて、、

想像するだけでメチャクチャ痛い気がしますが、痛みも全くなく、びびりまくってた私は痛みのなさに唖然としたほどです。

怖いけど安心していいと思います。検査はとても簡単で、いつも診察を受ける場所にある寝台に座ったままで行われました。

 

穿刺吸引細胞診の流れ

  1. 医師と看護師さんがエコーで胸を見ながら針を刺す場所を確認します
  2. 針を刺したままエコーで確認しながら細胞を取る場所を探っていきます
  3. ココ!というところで医師が看護師さんに「ここです、おねがいしま~す」とGOサイン
  4. 看護師さんが注射器に繋がっている器具を”シュコシュコシュコ”と15回吸い上げる
  5. 針を抜いて終了

※私の場合、検査の結果は約一週間後でした。

 

実際の穿刺吸引細胞診のときの日記

-MRI検査後の穿刺吸引細胞診-

 

先生「まだ痛みはありますか?」

「うーん、あんまりないです(笑)治まってきました」

先生「痛みがなくなってきてるなら心配ないと思うけどね、、ちょっとエコーで見ますね」

先生「(エコーで見ながら)看護師さ~ん、細胞診いらないかも~」と言う。

「はっ!!?!?細胞診だってぇぇぇ----?!?!?」

 

で、先生ブツブツとなんかヒトリゴトを言う。

ここがなぁー、うーん、手術の痕だと思うんだけどなぁー・・・うーーん、、、とかなんとか・・・

先生(私に満面の笑みで)「ここ、針刺しとく?(。◕ ∀ ◕。)」

 

( ̄◇ ̄;)エッ( ̄◇ ̄;)エッ( ̄◇ ̄;)エッ( ̄◇ ̄;)エッええええええええええええええええええ

ま、、、まじですか!?えええ??まじ?まじ?となる私。そんなななな、、心の準備ががが、、、

 

先生「うん、刺しとこう!なんかあったら嫌でしょ?看護師さ~ん、やっぱやりまーっす」

看護師さん、イソイソと針を持ってくる。。。

 

Σ(- -ノ)ノええええええ、こ、ココでですかぁぁぁ!!!!!????

まじか・・・・まじかよーーーうそでしょーーーー?!

先生「はいじゃあいきまーっす!」(なぜそんな元気なんだ・・・)

 

うっそーーー麻酔とかしないの!?ねえ!?ねえ!??あ、もうだめだ、これあかんやつや・・・

 

で、プスッっと。。。

先生はエコーの画像見ながら針を動かしてる(ようだ、怖くて見ていられない)

ぶっちゃけ・・・点滴の針刺しのが痛かった。。。(´-`)

というか、、、ほとんど痛みはなかった・・・・ええ!?なんで!?!?

 

先生は針を刺し進め、「はい、ここでーす」と言うと看護師さんが「15回ですねー」と言い、シュコシュコと吸引する。

想像するとめっちゃくちゃ痛いと思うんだけど・・・これがほぼ感覚がない。。

どういうことなんだ・・・乳に針を刺してるのに痛みがないなんて!!

で、終わった後、先生が「たぶん大丈夫です!来週電話で結果教えますので電話ください」ってことに。

たぶんって・・・・
そしてその来週が今日だった。
あ、これ投稿日24日なってるけど、24日がMRI日で実際の今日は28日。

電話する。電話した。

返ってきた言葉は

「木曜日にならないと結果でないみたいです!また木曜に電話ください!」だった。。。

(*´Д`)=3ハァ・・・


 

検査の結果が出るまで気が気じゃなかったですが、MRI検査・穿刺吸引細胞診の結果共に何も問題はありませんでした。

私はたまたま問題ありませんでしたが、術後すぐに転移が見つかったという話もよく目にしました。

だからこそ私もとてもつもない不安だったんですが。。。

手術後の違和感や痛みなど色々と症状が出ることがあると思いますが、少しでも異変に気づいたらすぐに主治医に相談しましましょう。

 

 

-検査の種類
-,

Copyright© EC療法で完全消滅した乳がんの記録 , 2019 All Rights Reserved.